うつ病の治療方法

現代、うつ病になる日本人が増えています。その治療方法とは!? - 何歳ぐらいに効果があるか

アーカイブ

何歳ぐらいに効果があるか

抗うつ剤であるパキシルは、かなり強い効果で不安を解消してくれるといわれています。
しかし、実際に薬を使う前に気になることは、本当に自分が使っても効果があるかということですよね。

パキシルが効果がある年齢

パキシルが処方される場合、対象は主に成人になります。
海外ではパキシルの臨床試験を行った際、未成年に対して使用をしても特に効果がみられることはなかったといいます。
そのため、未成年に対してパキシルを投与する場合、かなり慎重な判断を要するということになっているようです。

効果がかなり強い薬

パキシルの効果はSSRIの中でもかなり強い部類に分類されているものなので、使用をする際には慎重に判断をする必要があります。
また、効果が高い分、副作用も強く表れることが多いので、処方をする側も使用をする側も軽率に扱ってはならないのが基本です。
そういった理由もあり成人に使うことが望ましいとされていますが、未成年に絶対に使ってはならないというわけではありません。
非常に効果が強い薬であるので、成人が使った場合でも一度使ったら離れられなくなると危惧するほどの薬でもあります。
そのため、もちろん安易に未成年に対して使うべきではないということは確かでしょう。

性別の違いで効果は変わるか

海外の臨床試験を含め、パキシルを使う際に性別の違いで効果が違う、という例は報告されていないようです。
しかし、パキシルを使うことで、副作用の一つとして体重増加が起こるということがよく言われています。
そのため、女性の場合には特にその副作用を好ましくないと思う場合が多いかもしれません。
また妊婦に対しての使用は、確実に悪い影響があるというわけではありませんが、やはり避けておいたほうがいいという見解のようです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017うつ病の治療方法All Rights Reserved.