うつ病の治療方法

現代、うつ病になる日本人が増えています。その治療方法とは!? - パキシルはなぜ効くのか

アーカイブ

パキシルはなぜ効くのか

抗うつ剤、SSRIという言葉を聞いたことはあっても、その薬が実際どのように効果を発揮するのか、そのメカニズムまでは知らないという人も多いかと思います。
特にSSRIの中でも有名なパキシルという薬では、どのような仕組みで不安を取り除いてくれるのでしょうか。

SSRIという言葉

まずこのSSRIという言葉ですが、「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor」を略したもので、これは日本語にすると「選択的セロトニン再取り込み阻害」を意味します。
こういったSSRIに分類される薬は、摂取することでセロトニンを増やすという働きをしてくれます。
セロトニンが吸収されすぎ、セロトニン濃度が減少してしまうと、不安ややる気の減退につながるとされています。
そのため、そのセロトニンの取り込みを阻害することで、セロトニン濃度を上昇させ、不安を改善し、落ち込みなどの状態に陥らないようにしてくれるのです。

パキシルの特徴

またパキシルでは、ノルアドレナリンという物質が再取り込みされることを阻害してくれるという効果も持っています。
このノルアドレナリンという物質は、意欲ややる気を改善させる効果を持っているため、このノルアドレナリンの濃度も高く保っておくことが気分の減退を回避するためのポイントになります。
パキシルの場合には特に効果が強く、服用をすることで不安などの気持ちが解消されたという報告は多くあげられているようです。

うつ病以外への効果

パキシルはセロトニンを増やすことで、落ち込みや不安を解消してくれるため、うつ病以外の原因でうつ状態になってしまっている、適応障害などの場合にも役立ちます。
しかし、双極性障害の場合にパキシルなどSSRIを使ってしまうと、躁状態になるまで気分を高めてしまう場合があるため、あまり推奨されていないようです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017うつ病の治療方法All Rights Reserved.